エリアターゲティング特許について

あどえりあは、ジェイ・キャストのもつ特許の実施許諾権を独占的に管理し、ライセンスの供与などの業務を行うと共に、この特許技術を利用した地域インターネット事業のコンサルティングや広告商品などの開発を行なっています。
エリアターゲティング特許は、ジェイ・キャストが保有する「インターネットで地域別に情報を配信する技術(特許第3254422号)」です。コンピュータでネットワークにアクセスするユーザーに対し、個人のプライバシー情報を取得することなく、ユーザーのいる地域に適した情報や広告などを配信し、地域限定の情報サービスを行なうことを可能にします。
※地域の判別にはIPアドレスを使います。
アドネットワーク事業者様やサイト運営者様に対してライセンスを供与しますが業態によって契約内容は異なります。

ライセンスの分類と料金について

ライセンス料は事業内容、使用目的によって変わります。

〈アドネットワーク事業・広告代理業〉

登録料 ¥10,000(初年度のみ)
ライセンス利用料 クライアント広告請求金額の1.5%

〈ウェブサイト運営〉

月間ページビュー数 5,000万PVまで 5,000万PV以上
登録料 ¥10,000(初年度のみ)
基本利用料 ¥20,000(年額) ¥100,000(年額)
広告利用料 広告売上の3%

〈LPOなどのシステムサービス〉

下記PDFをご覧下さい。

ライセンス先企業一覧 ※五十音順

エリアターゲティングの使い方

どこからでも全世界に向けて瞬時に情報を発信できる便利さが評価されているインターネットですが、実は「地域別に見たい」情報、また「地域別に発信する」ほうが効果的な情報も多くあります。「あどえりあ」が展開するエリアターゲティングは、そうしたニーズにこたえるものです。

企業ホームページで身近な情報をワンクリックでみつける

企業情報へのリンクイメージ

たとえば、全国展開のスーパーでも、トップページへアクセスするだけで、ユーザーの地域にある店舗の情報が自動的に表示されます。イベント、キャンペーン、チラシ情報など、お客様が見る最初の画面に地元の情報が表示されるので、利便性があがり、プロモーション内容を見ていただける機会が増えます。

官公庁のサービス情報 生活を守るサービスの提供

官公庁サービスへのリンクイメージ

自分が住んでいる地域の情報にすぐにたどりつくことができます。たとえば、台風・地震などの災害情報を全国向けの内容と、近隣地域向けの内容を分けて同時に発信することで、該当地域が必要とする情報をきめ細かく伝えることができます。

ニュースコンテンツなどを地域分類して提供

ニュースコンテンツへのリンクイメージ

スポーツ新聞のトップページに、東京は巨人の結果、大阪は阪神の結果が出るなど、地域によって最初に表示する情報を変えることができます。

今まで広告が出せなかった大手メディアへの広告掲出が可能に

大手メディアへのリンクイメージ

インターネット広告に、「地名」というキーワードを見せることで、関心をひきます。また、広告をクリックして移動した先で地域を選ぶなどの手間をなくし離脱を少なくすることで、機会損失を減らします。さらに、特定地域の住民向けに作られたサイトにしか広告が出せなかったクライアントでも、大手ポータルサイトなどへ地域を絞った広告を出し、効果を上げることができます。

エリアターゲティング導入の手順

ホームページをお持ちなら、簡単なHTMLの記述を追加するだけで組み込むことができます。

例)既にホームページを運営している

  1. 地域別コンテンツを用意する
  2. エリアターゲティングに必要な「IPアドレスデータベース」サービスを契約※
  3. サイトのHTMLに簡単なタグを埋め込み、エリアターゲティング機能を実装
  4. あどえりあにライセンス申請書を提出する
  5. 登録料およびライセンス料の振込
  6. ライセンス証書の発行
  7. 新サイトのオープン

導入にあたっては、「IPアドレスデータベース」サービスの契約、ライセンス処理を一括して弊社でうけたまわることもできます。お気軽に相談ください。

※ウェブサイトにエリアターゲティング機能をもたせるために、「IPアドレスデータベース」を利用します。サービス提供している会社と別途契約が必要になります。
 あどえりあでは株式会社サイバーエリアリサーチが提供する「どこどこJP」を推奨しています。

[どこどこJP]http://www.docodoco.jp/

よくある質問

判別するエリアは、都道府県単位ですか? もっと細かい地域の判別もできますか?
あどえりあ社が許諾しているデータベースには、市町村単位でも判別できるものがあります。ただし、都道府県単位で行うよりも、若干精度が落ちる場合があります。
データベースやサービスの見積もりが欲しいのですが…
私共あどえりあ社は、ライセンス許諾のみを取り扱っております。
データベースやサービスにつきましては取扱企業をご紹介しますので、お気軽にご相談ください。
どのくらいの費用がかかりますか?
エリアターゲティングを行うには、 ① データベース と ② ライセンス が必要です。それぞれの費用は次のとおりです。

① データベース利用料

地域を判別するIPアドレスの、データベースご利用に対する費用です。ASPで提供されており、リクエスト数=判別したいページの閲覧数に応じて変わります。
料金はサービスや規模で変わりますが、月額1万円程度から導入できます。

② ライセンス料

利用形態により料金が変わりますが、たとえば月間5,000万PVまでのホームページのコンテンツ切り替えには、次の「ウェブサイト運営者様価格」が適用されます。

・登録料  :1万円 初年度のみ
・基本利用料:2万円/年

詳細は⇒ 「広告やウェブサイトに関わる許諾の案内(PDF)」
(注)広告などのご利用の場合は、別の料金体系が適用されます。ご相談ください。
導入にはどのくらい日数がかかるでしょうか?
導入自体は簡単です。コンテンツさえあれば、初めてでも数日で導入できます。
ご参考⇒ JavaScriptを使った組み込み ※サイバーエリアリサーチ株式会社のサイトに飛びます。
当社がHPを制作している顧客がエリアターゲティングを使用したい場合、どのように申し込めばいいですか?
データベースにつきましては、御社もしくはサイトをお持ちのお客様の、どちらからお申し込みいただいても構いません。
ライセンスにつきましては、基本的に、エリアターゲティングをご利用になるサイトをお持ちの企業様に、直接お申し込みいただきます。
申し込み用紙は、「広告やウェブサイトに関わる許諾の案内(PDF)」にあります。
エリアターゲティングをするには何を用意したらいいですか?
地域別に表示するコンテンツ(テキスト、画像など)を用意してください。もし47都道府県すべてに別々の内容を表示したいのであれば、47個分必要となります。コンテンツが用意できたら、地域を判別するためのデータベース提供サービスと契約してください。サイトのHTMLに、地域判別とコンテンツの切り替えるコードを埋め込むことでエリアターゲティングが実装できます。
PAGE TOP